なんちゃってバリアフリーコンテスト2008

No.
35
タイトル: スロープを登りきった先には・・・
場所: 某マンション(神戸市)
コメント:

マンションの入り口の階段の横にはスロープがあり、エントランスまで車いすでもアクセスできるようになっています。しかし、その先にあるドアは引き戸ではありません。私はこのマンションの前を毎日通るたびに「スロープ登りきってもエントランスに入れないじゃん!!」と思いながら眺めていました
私がスロープからエントランスまで車いすで行くことを想定すると・・・『①スロープの途中で一旦車いすを停車させる ②手を伸ばしドアを閉める ③スロープを登りきった後、車いすを回転させて ④再度ドアを開けてエントラスに入る』という工程になります。ある日、ドアが向こう側に開放しているのを見たときには、少し感動を覚えました。「おぉ~!!ドアを向こう側に開け放していれば、意外とスンナリ入ることができるじゃない!!」しかし、多くの場合なぜか手前側に開放しているこのマンション。開け放たれたドアを見るたびに、「私は住みにくいなぁ~」と感じているのです。きっとバギーでも同様のことが起こると思われます。自動ドアにしなくても、せめて引き戸にすれば充分なのに、と私は思うのでした。

  35

<=戻る